ABOUT PrmaCeedについて

日本の“PRESENCE”をを向上させる What We Believe

MISSION PrmaCeed理念

“Presence”は、“原動力”。
ただ存在するのではなく、その存在が他者に良い影響を与え、良い社会を創る源。
高い志を持ったベンチャーこそが、その源となるべき。

だから、PrmaCeedは日本の“Presence”を向上させるヒト・モノ・コトを生み出すことから、
日本を牽引し、さらには日本が世界をより良い方向へと導く原動力になることを目指す――私たちは常にその意識を持って行動していく。

ツナゲル、ツクル、ツキヌケル What We Do

CODE OF CONDUCT 行動方針

仕事の持つ無限大の可能性にワクワクすること
生きていくために仕事はしない。未来を創る仕事をする
リスクを恐れず、常に創造性や革新性を追求する
思考を止めてはいけない。常に思考する集団であること
他者の利益を最大化することに心を傾ける
デジタルやインターネット領域において常に牽引する立場であり続けること

CASE WORK 事例紹介

  • 予備校A

    「ヒトとサービスが
    出会う場所がないなら、
    作ればいい」

  • 広告代理店B社

    社外なのに「まるで自社内の広告運用チーム」

  • アパレルブランドC社・小売業D社

    常に旬なアプローチ法を吟味し、今その案件に最適なプロモーションを提供

誰かのために仕事をしてこそ、その仕事には価値がある Our Team

TEAM VOICE チームの声

メディア事業担当
橋詰公介

通信制高校や医学部受験といった、教育関係のメディアの企画・運営を行っています。例えば、通信制高校に関するメディアは、クライアントである学校とユーザーである中学生・高校生をつなぐ場になっています。学校側はユーザーに情報を提供し、ユーザーは学校の資料請求ができる、といった仕組みです。
私は前職でエンターテインメント系のメディア運営をしていましたが、それはそれで楽しいことや嬉しいことをユーザーに提供する意義のあるものでした。ですが、今携わっている通信制高校や医学部受験といったことは、一時の充実を提供するものではなく、その人のこれからの人生に大きく影響を与えるものです。責任を感じると共に、不登校で学校に行けない子が自分に合った通信制高校という学び方を見つける、医師という高い志を持った子の医学部受験を手伝っている、そういった誰かの役に立っている喜びは少なからずあります。
しかし、これはクライアントあっての場だと思っています。自分が独善的に役立つと思った情報を流すだけでは、ユーザーにとっても本当に有益な場は生まれません。クライアントとユーザーの間で上手にバランスを取って双方に利益をもたらす、このバランス感覚こそがメディア運営には大切なことではないかと考えます。

more(もっと見る)

トレーディングデスク担当
羽深剛史

トレーディングデスクでは、最先端のアド・テクノロジーを駆使した、Webの広告運用を行っています。「最先端」と言っても、難しい技術を使ってというよりは、四則演算を間違いなく行う正確性や、ちょっとした変化にも敏感に反応して対応するきめ細やかさなどが求められる仕事です。また、自分から新しい広告メニューに対応していこうという知識欲も大切です。
トレーディングデスクにはノウハウが必要なので、会社の中で新しく設置しようとすると大きな労力やコストがかかってしまいます。そこで私たちのようにその部分だけ業務を請け負う会社がたくさんあるわけですが、他社とPrmaCeedのトレーディングデスクとの大きな違いは、その「営業的目線」にあると思います。クライアントの利益を考え、YESだけでなく、時には「これはやめたほうが良いですよ」というNOの提案もする。これは委託されている側とすれば、契約を打ち切られかねないリスクをはらんでいますが、ご予算を預かっている以上、結果を出す責任を私たちは負っていて、それを優先すべきだと考えます。
PrmaCeedには創業当初から続くメディア事業という大きな土台があり、その上でトレーディングデスク事業が始まったことにより、会社が一段上がった感があります。これからも会社を大きくする急先鋒として、気持ちを入れて業務にあたっていきたいと考えています。

more(もっと見る)

採用・広報担当
新谷絵梨佳

採用担当といま働いている社員の働きやすい環境・制度づくりをしています。
私どものようなベンチャー企業ではスピード感が重要なので、新しい社員は入社後数日の研修を終えるとすぐに、各部署の責任者と一緒に現場を踏みながら仕事を学んでいくようなところがあります。また、柔軟な対応も求められるので、社員の業務は決められたものだけでなく多岐にわたります。その時に、各部署の責任者が自分の業務と新しい社員の教育に専念でき、新しく入ってこられた方が安心して、さらに目標を持って生き生きと働けるよう、会社全体についてのことや他部署とのつながりの面でしっかりとしたサポートができるよう心がけています。
また、会社の成長は社員の成長志向がなければ達成できません。社員の成長したい気持ちをバックアップする資格取得補助制度の設置なども、最近の試みです。
私どもの「仕事でワクワクしたい人」という募集要項をご覧になって、お話を聞きに来てくださり、新しく社員に迎えた方も増えてきました。私たちの声に共鳴してくださる方がたくさんいて、同じチャレンジ精神を持って働く仲間が増えていくことにとても喜びを感じます。1人ひとりのワクワクした気持ちをひとつにまとめ、会社の大きな力にしたいと思いながら業務にあたっています。

more(もっと見る)

MESSAGE 代表メッセージ

株式会社PrmaCeed  代表取締役 岩田彰人

最前線で戦い続ける存在であり続ける

僕たちがいる、デジタル、インターネットの世界ほど、自由なモノはない。
さらに、仕事の持つ可能性は無限大。
これほどワクワクできること、情熱を注げるものは他にはないと思う。

ワクワクしている人はそうでない人よりも3倍、10倍以上のエネルギーを持っている。
そんな人たちが繋がることで、3倍×3倍=9倍、10倍×10倍=100倍のエネルギーが生まれ、このエネルギーは創造的・革新的なモノを生み出す力を秘めている。

そして、こんなにも僕たちをワクワクさせてくれる「自由」の表裏一体にあるのは「責任」。
僕たちの「責任」とは“明るい未来を創ること”なのだと思う。

僕たちのアイデンティティーは、最前線で戦う存在であり続けること。
情熱を持ってワクワクする人の先頭に立ち、
未来を創るヒト・モノ・コトを生み出していく、
それがPrmaCeedです。

RECRUIT 人材採用

仕事で「ワクワクしたい」と思いませんか?
ベンチャーだからこそ高い志を持って
真剣に取り組む、
それがPrmaCeedです。
ワクワクしたいヒト、待ってます。