ABOUT PrmaCeedの事業

CONTENTS 事業内容

創業当初からPrmaCeedを支える「メディア事業」。
そして、さらなる躍進の原動力となった「トレーディングデスク」。
PrmaCeedはこの二つの事業をベースに、新たな事業展開を続けています。
世の中では全く違うものと捉えられているこの二つの事業は、その考え方の上流までさかのぼってしまえば、運用していくためのノウハウなどは共通するところが多いものです。 二つの事業の個々の力をより高め、時には他の新しい分野と掛け合わせ、また、二つの事業がタックを組んで、柔軟な姿勢で新たな価値の想像を狙います。

ノウハウとヒト・モノ・コトの掛け合わせ

メディア事業

「ヒトとサービスや商品が出会う場所がなければ作ればいい」。コミュニケーションの場を作り、人を集め、いかに目指すゴールに到達させるか、ということがメディア事業の行っていることです。扱う商材は多岐にわたります。 驚異的な速度で変化し続けているインターネットの領域では、コミュニケーションの方法もまた刻々と姿を変え続けています。爆発的な力を持つ、その時々のコミュニケーション・スタイルにどう敏感に対応していくのか? 若い世代はもはやニーズとウォンツも曖昧ともいえる状況の中で、メディアをどう成立させていくのか? これから真価が問われるところです。

トレーディングデスク事業

刻々と変化するインターネットのトレンドを見極め、どこにどのように広告を打てばクライアントが求めるゴールに対して効果的か? その作業を日々行っているのがトレーディングデスクです。 テレビや新聞が広告の主戦場だった時代から20年足らずで、その主戦場はインターネットへと完全に場を移しました。しかもブラウザーからソーシャルメディアへ、そしてアプリへと驚くべきスピードでインターネット内を移動し続けています。 トレーディングデスクがアクションを起こせばその結果はリアルタイムで数字として叩き出され、常に次の一手を求められる状況です。今までの広告業界の慣習はここには通用せず、常に全体に目を配り対応していく力や、新しいものに対する嗅覚が求められます。

創業当初からPrmaCeedを支える「メディア事業」。
そして、さらなる躍進の原動力となった「トレーディングデスク」。
PrmaCeedはこの二つの事業をベースに、新たな事業展開を続けています。
世の中では全く違うものと捉えられているこの二つの事業は、その考え方の上流までさかのぼってしまえば、運用していくためのノウハウなどは共通するところが多いものです。 二つの事業の個々の力をより高め、時には他の新しい分野と掛け合わせ、また、二つの事業がタックを組んで、柔軟な姿勢で新たな価値の想像を狙います。