予備校A

「最新アド テク × ヒトのココロ」‖精度の高いデジタルマーケティング

広告がうったえかけるのはあくまでも「ヒト」です。
「ヒトのココロ」は方程式にはあてはめられないもの。
広告戦略においても100人が集まれば、最適なアプローチは100通りあると言っても過言ではありません。
その接する人「一人ひとりに最適なストーリー展開」を提供できるのが、PrmaCeedのデジタルマーケティングです。
多くのヒトとコミュニケーションをとることからマーケティングをスタートさせ、そこで集めた生の声を最新のアドテクノロジーを駆使して解析し、求めるヒトに最適なストーリーを提供します。
PrmaCeedは「テクノロジー」と「ヒトのココロ」を融合させ、精度の高いデジタルマーケティングを実現しています。

「ヒトとサービスが出会う場所がないならば、作ればいい」

それを求めるヒトと、それを提供できるサービスが出会う場所がないのであれば、作ってしまえばいい――そんなクリエイティブな発想で立ち上げたのが予備校Aのオウンドメディアでした。ユーザーとなる受験生や大学、受験業界の各方面から生の声を集めることによって、受験生の特性を分析し、彼らの心を掴むサイトを構築。魅力的な場を作ることによって、検討段階にあるユーザーを引き入れることに成功しています。このオウンドメディアの企画とライティングといった制作業務、更新も全てPrmaCeedで行っています。

予備校Aへのマーケティング支援事例

Before

一部のユーザーにしかアプローチできなかった。

After

オウンドメディアにより、アプローチできなかったユーザーを
取り込むことが可能に。

「現状をブラッシュアップさせ、ユーザーとの接点を強化」

現在あるWebサイトをブラッシュアップさせることで、サービスや商品を求めるユーザーとの接点をより多く、強固なものにすることが可能です。
予備校Aのケースでは、始めにKPI(重要業績評価指標)をPrmaCeedが提案し、クライアントから達成目標や要望を伺う中でそれをよりフィットした形にして設定しました。そのKPIを達成するのに最適なプロモーション企画を年間で提案し、実行と検証を繰り返しています。生徒獲得だけでなく、講師獲得や社員募集という採用面でも成果を上げていることが特徴的です。
さらに、SEM(サーチエンジンマーケティング)やディスプレイ広告対策、ソーシャルメディア対策、コンテンツマーケティングも同じ社内で行っているので、効果の分析とそれに対する迅速な対応が可能。日々刻々と移り変わるユーザーの心理や動向へのフレキシブルな対応で、彼らとの接点を常にベストな状態に保つことができます。ユーザー心理や動向の分析は、メールマーケティングやランディング・ページ制作、多種多様なバナー制作などのクリエイティブ領域にも活かされ、効果的なファーストインパクトをカスタマーに与えています。

STAFF VOICE スタッフの声

予備校Aは毎年120%超の成長率を目指し、達成している成長志向性の高い企業です。かつては広告の投下量を増やし、単純にボリュームを上げるという広告戦略をとってきましたが、昨今ではインターネットへの接続環境の多様化が若年層を中心に急激に変化しているため、各種広告メディアに適したターゲットとのコミュニケーション構築が求められるフェーズに移行しています。パソコンやスマホ、タブレットなど接触デバイスも多様化しており、オムニチャネル対策を騒がれる中、予備校Aは広告の投下量だけが増えている状況を根本から見直す必要がありました。私たちには、同業界における自社メディアの運営によって同様の課題を乗り越えた経験があるため、予備校Aに対して明確なKPIを提案することができました。さらに、年々変動する業界の状況を加味してこれに適時修正を加えることで、最適化も続けています。また、事業の未来志向性に合わせた3年先を見据えた計画を立て、両者で話し合ったりと、クライアントの懐に飛び込むような姿勢で取り組んでいます。

関谷早織

こんなケースに最適!

  • サービスや商品を求めているユーザーにきちんと伝わっているか疑問
  • ピンポイントでユーザーを狙うことで広告費をシェイプしたい
  • 検討段階にあるユーザーを引き寄せたい
  • Webサイトやオウンドメディアを充実させることで、ブランドイメージを向上させたい

このような課題を抱えている企業様はお気軽にお問い合わせください。