アパレルブランドC社・小売業D社

常に旬なアプローチ法を吟味し、今その案件に最適なプロモーションを提供

ひと口に広告運用と言っても、企業の数だけ求めるものが存在します。
また、ひとつの企業の中にも複数に目的が存在し、それがその時々で変わることもあります。
ひとつひとつの目的に最適なアプローチの方法も、その時の世の中の雰囲気によって簡単に変化します。
PrmaCeedは培ってきた情報収集力と情報から世の中の流れを汲むセンスを生かし、その案件にとってその時に最適のプロモーション活動を提案・実行していきます。

ターゲットと目的が複数ある煩雑な案件も、一つひとつきめ細やかに対応

10代~40代の幅広い年代の女性をターゲットに持ち、複数のアパレルブランドを展開するC社は、多肢に渡るプロモーション活動をトータルにお願いしたいタイプのクライアントです。ブランドごとにターゲットが違うということは、ソーシャルメディアで上手に広告運用ができれば、大きな効果を生み出すことができます。それを実現するために、広告運用だけでなくC社全体の広告的なリテラシー向上にも力を入れています。
C社が運営するのは商品と共にブランドの世界観を表現するイメージサイトのため、ブランド認知やキャンペーン認知のための企画と実行がPrmaCeedのメイン業務となります。季節感を大切にするアパレル業界は、クリスマスやハロウィンなどイベントごとの企画が重要になってきますし、世の中全体の雰囲気にマッチすること、その上で同業他社と差をつける斬新さも求められます。他にも、新商品の告知はもちろん、広告起用タレントのイベントPRまで、目的とゴールが違うプロモーションが多種多様にあるため、独自のKPIを設定しています。決定から開始までに3,4営業日といったことも多い業界なので、柔軟性と機動力も重要となってきます。

短納期で多種多様な情報を正確に届けるには確かなノウハウとスピード、計画性が必要。

PrmaCeedの独自のプランニングと培ってきた経験で、素早く、正確にユーザーが満足できる情報をお届けします。

「ひとつの目的に対しても様々な角度から新鮮なアプローチを」

D社の目的は写真加工系アプリケーションのインストールという一点で、明確です。このようにひとつの目的を持ったプロモーション業務をご依頼いただくことも可能です。D社のケースでは、フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどで、趣味趣向やライフスタイルからニーズがあると思われるターゲットを絞り込み、そこに向けてプロモーションを行っています。
D社のケースですと、写真を撮る機会の多いレジャーに焦点を当てて、年間のレジャー行事に沿ったプロモーション展開を行ったり、写真撮影をよくする人の嗜好性を意識したイメージ戦略を展開しています。また、興味を持った人が最終的にアプリインストールに至るまで段階的にアプローチしていく、広告的な戦略も同時に施行しています。このように一つの目的に対しても、アプローチの方法はさまざま。当事者のD社内ではなかなか思いつかないような新鮮な切り口を考え、そこにアドテクノロジーを生かして効果的なアプローチを行っています。

STAFF VOICE スタッフの声

広告業界ではディスプレイ広告に関して方針が決定するのがキャンペーン開始の3,4日前ということがよくあり、この短い期間でターゲットに応じた広告プランニングとクリエイティブの作成をする必要があります。もちろん、タイトなスケジュールを理由に広告のパフォーマンスが落ちるようなことがあってはいけません。このタイトな中で何が出来、いかに最大限のパフォーマンスを引き出せるかということを、常に追求しています。例えば、一般的に広告代理店はクライアントから支給された写真素材を使用してソーシャル上の広告を作りますが、その素材となる写真のクオリティーによって大きく影響されてしまいます。そこで、ソーシャルメディアに合わせて、撮影時に通常の横イチの写真に加えて、縦イチも撮ってもらうことを提案してみる…こういった前のめりの姿勢が作業効率を高め、広告のパフォーマンスを上げて、その先の成果となって表れます。また、クライアントをはじめ、この業務に携わるスタッフとの連携や信頼関係を強くすることにもつながっていると思います。

羽深剛史

こんなケースに最適!

  • 目的やターゲットの違う多種多様で煩雑な複数のプロモーション活動を一括して依頼したい
  • あるセグメントに向けて効果的にプロモーションを行いたいが、どう絞り込んで良いか分からない
  • 季節性のイベントに合わせるなど、短いスパンで変化するプロモーションを行いたい
  • どのようなストーリーをターゲットに提供すると目的達成に効果的なのかわからない
  • ターゲットの目を引き、かつ飽きられないプロモーションを行いたい

このような課題を抱えている企業様はお気軽にお問い合わせください。