メディア化支援事業の目的から「シゴト」を知る

Service Info

採用TOP > Service Info-Mediaka-

メディア化支援とは

PrmaCeedの行っているメディア化支援は、SEOなどのインターネットでのテクニックを提供しているものではありません。「企業」「技術」そのもの、そこで生み出される「モノ」、そこで働く「人」をもメディアとして捉え、それらが持っているメッセージをどうやってインターネット上に具現化すれば、世の中にきちんと伝えることができるのか?それについてクライアントと共に考えるのがPrmaCeedのメディア化支援です。
当然ながらサイト制作、SEO、コンテンツマーケティングという手法使って、きちんとメディアを運営していく支援もしています。

クライアントと同じ目線に立って、クライアントのいまあるべき姿と目指したいゴールに向かって現実的に今何をするべきかということを一緒に考えていくというスタイルです。なので、集客テクニックについてコンサルティングをするわけではありません。あなたが今までにディレクションやプロデュースなどで培ってきた、クライアントと対話し、その大切なコアの部分を見極める能力を存分に発揮していただけると思います。

事業を推進する2つの理由

ひとつは東京の企業に多く当てはまるものです。我々の行っている企業自体のメディア化=ブランディングという「メディア化支援」が、本来であればマーケティングの基本になると考えますが、東京ではそれを後回しにして、「この商品を売る」というような一時的な販促活動に走りがちです。
目の前にあるマーケットが大きいので、即効性のある広告を出稿して短期集中で売り上げを作るパターンが多く見受けられます。しかし、実は基本に忠実になってブランディングをしっかりとしておいたほうが、その時々に行う販売促進のマーケティングも生きてきます。なので、何かと手間がかかり、ノウハウのいる、このブランディングの部分を支援するためにこの事業を行っているというのがひとつの理由です。

もうひとつの理由は、地方都市などで多く当てはまるものです。「中小企業だからメディアなんて必要ない」「製造業だから必要ない」という声が多く聞かれますが、例えば誰かを採用したいとなった時に、その人材が何を見て応募してくるのかと言えば、それはインターネットです。インターネットというものが日常生活に溶け込むようにして存在しているにも関わらず、それを活用できていない、もしくは考えられない企業というのが非常に多いという実情があります。
しかし今後はインターネットを中心としたメディア化や情報発信ができていないと、企業活動自体が成立しなくなる恐れがあるため、それを支援していこうというのが、この事業を行っている2つ目の理由です。

まだまだこの事業としての取り組みが多くないので、さまざまな事例をしっかりと作っていくということがミッションです。ゆくゆくはメディア化というインターネット上のことだけに留まらず、企業それぞれが持つ出口戦略について一緒に考えるという取り組みに発展していくと考えています。例えば、新しい事業を展開したいと思った時に、どうやってマネタイズしてビジネスとして成立させるのか、というようなことです。あくまでもコンサルティングではなく、実行に近い部分での取り組みをサポートしていくことがこの事業の目的です。

Interview

メディア化支援事業を推進する
スタッフインタビュー

インタビューを見る