新規事業の目的から「シゴト」を知る

Service Info

採用TOP > Service Info-New Business-

PrmaCeedが考える新規事業とは

国外を中心としたアドテクノロジー関連のテックプロバイダーの営業を中心としたマーケティングや、広く使われる為の製品設計などを支援する試みです。
製品化や拡販を狙っている新しいテクノロジーや考え方が日本で広く受け入れられるための最適なシナリオを立て、設計をして営業活動を行い、実績を積み重ねていきます。海外製のテクノロジーであればローカライズといったことも視野に入れています。受け身になることなく、常に新しいテクノロジーへの強い興味関心を持って、国内外の動向に目を光らせることが必要な業務です。
また、優れていると思った新しいテクノロジーについては、積極的に導入し、自らとことんまで使い倒す、という姿勢も必要です。

なぜいま国外テックプロバイダーなのか

日本は新しいテクノロジーの導入に対して殊のほか慎重で、とにかく過去の実績を尊重する傾向にあります。
また、海外製のテクノロジーであればローカライズがされていないと広まりにくい、というのも特徴です。この独特の風土が新興テックプロバイダーの成長を妨げる大きな障壁となっています。ベンチャーのテックプロバイダーでは、テクノロジーの開発や製品開発に力を注いでいるため、実績を積み上げるための初期の営業やマーケティングに手がまわらず、非常に苦労するという状況です。世界中で日々新しいテクノロジーが生み出されている中、これは日本国内のテクノロジーの進歩を抑制してしまうのと同義です。
そこで、新しいテクノロジーは生み出したものの、営業・マーケティング面で困難な状況にあるテックプロバイダーにとって、PrmaCeedが社外にある自社の営業・マーケティング部門のような役割を担えればと考えています。

日本の慎重かつ過去の実績を尊重する風土は、国外の優れたテクノロジーが国内に入って広まることの妨げでもあります。日本での営業・マーケティング活動のノウハウを持たない、素晴らしいテクノロジーを持った海外企業に対する支援も行います。この事業を通して、閉鎖的な日本の広告業界の中で新しい風を吹かせたいと考えています。

また、今後必ずIoTを活用した全く新しいメディアや、OOHと呼ばれる屋外広告や交通広告などの家庭外にある広告媒体にも発展し、今度はそこにアドテクノロジーの主戦場が移行するはずです。その時にもトレーディングデスクで蓄積したノウハウは必ず生きると考えています。

誰もやっていないから面白い

広告業界だけでなく、日本には自前主義という言葉がある通り、他社の持つにある優れた技術や考え方を積極的に取り入れるのではなく、自分たちでやることにこだわる会社も多いと思います。
PrmaCeedでは他社の持つ優れた技術や考え方を取り入れるだけでなく、それ自体を世の中に広めていく為の媒介として存在し、さらには、より良いものへと進化していく為のブーストとして、存在したいと強く考えています。

一社だけでは小さなムーブメントでも、ネットワーク化された動きであれば、大きなムーブメントになります。大きなムーブメントを生み出すを目指し、誰もやっていないことを先陣を切ってやる。それこそが、僕たちが面白いと思う成功の一つと考えています。